誰が漢字を創ったか?

戻る


披ヒ、と、破ハ、など、旁が同じなのに、読みが違う漢字があることに疑問を抱いたことはありませんか?
同じ旁なのに読みが異なる漢字を調べるうちに、「誰が漢字を創ったか?」に辿り着きました。


濁音や末尾の子音が消失するなど、唐の時代と、現代とでは、漢字の読みは大きく異なります。
通常ではありえないほどの変化です。
唐から元・明にかけて、何が起きたら、漢字の読みが大きく変化するでしょうか?


濁音あり、末尾の子音ありの言葉を話した「漢字を創った」人々は、なぜ、中国北部から姿を消してしまったのか。
「漢字を創った」人々の正体が、漢字の読みから分かるかもしれません。